鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



地蔵まつり
〜鎌倉:宝戒寺〜

編集:yoritomo-japan.com







2021年の地蔵まつりは僧侶・関係者のみでの開催。


宝戒寺


 宝戒寺の地蔵祭は、地蔵盆の7月24日の前日にお逮夜(前夜祭)が行われ、翌日、本尊地蔵菩薩の法要が行われます。

 地蔵菩薩は、釈迦の入滅後、弥勒菩薩が生まれるまで間、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道の六道を輪廻する衆生を救う役目を背負っています。

 地蔵信仰は、極楽浄土の思想とともに鎌倉時代から発達してきました。


地蔵尊大施餓鬼会

7月24日 14:30〜



〜子育経読地蔵大菩薩〜

 宝戒寺の本尊、子育経読地蔵大菩薩像は、1365年(貞治4年)、三条法印憲円によって造立されたといわれています。

 「宝戒寺門前で子供が生まれそうになったとき、子どもをとりあげる世話をしてくれた見知らぬお坊さんが地蔵の化身だった」とか、「毎晩夜中に聞こえる読経がお地蔵さまではないか」という伝説からこの名が付けられたといわれています。 


木造地蔵菩薩坐像






〜地蔵縁日〜

 毎月24日は地蔵菩薩の縁日です。

 賽の河原で苦しんでいる子どもを救うということから、古くから子どもを守ってくれる仏さまとして信仰されてきました。

 よく、赤い布がかけられている路傍のお地蔵さまがありますが、親より先に死んだ子をお地蔵さまに救ってもらいたいという願いから始められたといわれています。

 現代では、地蔵縁日は、子どもの祭りとして行われるところが多いようです。


子育て地蔵


〜閻魔大王〜

 死後の裁きを言い渡す閻魔大王も、もとは地蔵菩薩です。

 圓應寺閻魔大王は、「子育て閻魔」と呼ばれています。

 宝戒寺にも閻魔大王が祀られています。



鎌倉二十四地蔵


鎌倉宝戒寺の地蔵盆〜地蔵まつり〜(okadoのブログ)

鎌倉の地蔵信仰・・・地蔵祭・黒地蔵縁日・閻魔縁日(okadoのブログ)







宝戒寺
リンクボタン宝戒寺

鎌倉市小町3−5−22
0467(22)5512



鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅