鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 青天を衝け
鎌倉殿の13人 特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編



八方睨みの亀
〜江島神社:奥津宮〜


編集:yoritomo-japan.com







八方睨みの亀


 江島神社奥津宮拝殿天井の「八方睨みの亀」は、1803年(享和3年)、酒井抱一によって描かれた「正面向亀図」。

  画面の右側に、「維時享和三年龍集昭陽 大淵献夏林鐘之月 抱一製」という墨書銘がある。

 どこから見てもこちらを睨んでいるように見えることから「八方睨みの亀」と呼ばれるようになった。

 現在掲げられているものは、1994年(平成6年)に描かれた模写で、原画は江島神社宝殿に納められている。


 酒井抱一は、江戸で画家・俳人として活躍した化政文化の代表的存在だった。



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋






歴史めぐり源頼朝



江島神社奥津宮
リンクボタン奥津宮

 かつての江島神社奥津宮は、本宮(岩屋)の御旅所だった。


江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時