中世歴史めぐり

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



佐藤継信の墓
〜屋島古戦場〜


編集:yoritomo-japan.com







佐藤継信の墓


 佐藤継信は、奥州藤原氏の家臣・佐藤基治の子。

 奥州平泉にいた源義経に仕え、1180年(治承4年)、義経が鎌倉の兄頼朝のもとへ赴く際、藤原秀衡の命により、弟忠信とともに随行した。

 1185年(元暦2年)2月19日、屋島の戦いで討死。

 『平家物語』によれば、平教経が義経を狙って放った矢を身代わりとなって受けたのだという。

 『吾妻鏡』には、悲しんだ義経が僧に頼んで千株松の根元に葬り、名馬「大夫黒」を布施として与えたことが記録されている。 


〜佐藤継信を射た平教経〜

 平教盛の次男、平清盛の甥。

 強弓の使い手で平家一の猛将と伝えられ、屋島の戦い壇ノ浦の戦いで奮戦したと伝わるが、『吾妻鏡』の記録では、1184年(寿永3年)2月7日、一の谷の戦いで捕えられ、翌日、梟首されている。



佐藤継信の碑
リンクボタン佐藤継信の碑
洲崎寺
リンクボタン洲崎寺

菊王丸の墓
リンクボタン菊王丸の墓
大夫黒の墓
リンクボタン大夫黒の墓







善光寺石造宝篋印塔
リンクボタン信濃善光寺の宝篋印塔

 信濃善光寺の石造宝篋印塔は、佐藤兄弟の母梅唇尼(ばいしんに)が善光寺に参詣して建立したものと伝えられている。


リンクボタン源義経の奥州下り 〜平治物語〜



奥州平泉

源義経伝説をめぐる

歴史めぐり源頼朝







屋島古戦場
リンクボタン屋島古戦場



屋島古戦場MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



源平合戦

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編