鎌倉手帳(寺社散策)

内 管 領
〜北条得宗家の執事〜

編集:yoritomo-japan.com







 内管領(うちかんれい)とは、北条得宗家の執事。

 得宗の家臣を御内人(みうちびと)といい、その筆頭を内管領といった。

 内管領と呼ばれた人物で知られているは、八代執権北条時宗、九代執権北条貞時に仕えた平頼綱。

 頼綱は、貞時の時代に安達泰盛と対立し、霜月騒動で泰盛を滅ぼすが、恐怖政治を行ったことにより貞時に誅殺された(平禅門の乱)。

 北条高時の時代には、頼綱の一族である長崎円喜、その子高資が内管領となっている(参考:嘉暦の騒動)。


得宗専制政治を確立した北条時頼(okadoのブログ)

安達泰盛と平頼綱の対立〜霜月騒動〜(okadoのブログ)





リンクボタン鎌倉幕府の政策(北条氏の政治)



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)