奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



木曽義仲の首塚
〜京都東山:八坂の塔〜


編集:yoritomo-japan.com







木曽義仲の首塚
朝日将軍木曽義仲塚

 1183年(寿永2年)、倶利伽羅峠の戦いで平家軍を撃破し、平家を都落ちさせて入京を果たした木曽義仲

 しかし、後白河法皇と不和となり法住寺殿を襲撃。

 法皇と後鳥羽天皇を幽閉して征東大将軍となるが、1184年(寿永3年)1月、源頼朝が派遣した源範頼源義経に攻められ、1月20日、近江国粟津で討死にした。

 義仲の首は六条河原に晒された後、家臣の手で葬られたのだという。

 鎌倉に人質として送られていた嫡男の義高も4月26日に誅殺されている(参考:木曽義高の誅殺)。


木曽義仲の墓
リンクボタン木曽義仲の墓
(大津:義仲寺)
常楽寺木曽塚
リンクボタン木曽塚
(鎌倉:常楽寺)


〜朝日将軍〜

 『平家物語』によると、入京した義仲は左馬頭、越後守に任ぜられ、朝日将軍の称号を得たのだという。






歴史めぐり源頼朝



八坂の塔
リンクボタン八坂の塔

京都市東山区清水八坂上町388

JR京都駅から市内循環バス
「東山安井」下車、徒歩5分。



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時