奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



鎮守八幡宮
京都:東寺(教王護国寺)

編集:yoritomo-japan.com







東寺鎮守八幡宮


 鎮守八幡宮は、796年(延暦15年)の東寺(教王護国寺)創建に際し、王城鎮護を願って祀られた。

 安置されている僧形八幡神像と女神(じょしん)像二尊は、弘法大師(空海)が一本の霊木から彫ったものと伝えられ、わが国最古の神像。

 810年(大同5年)の薬子の変の際には、空海が嵯峨天皇の戦勝祈願を行い、これを鎮めたと伝えられ、南北朝時代には、東寺に陣を置いた足利尊氏が、鎮守八幡宮から飛んだ神矢によって勝利したと伝えられている。
 
 1868年(明治元年)に南大門八島社とともに焼失。長く再建されることはなかったが、1992年(平成4年)に再建された。






歴史めぐり源頼朝



東寺(教王護国寺)
リンクボタン東寺(教王護国寺)

 東寺(教王護国寺)は、桓武天皇によって平安京鎮護の官寺として創建された。
 のちに弘法大師に下賜され、我が国初の密教寺院となった。


京都市南区九条町1

JR京都駅八条口から徒歩15分
近鉄「近鉄東寺駅」下車徒歩10分



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時