奈良・京都

東大寺の二月堂

編集:yoritomo-japan.com







東大寺二月堂


 東大寺の二月堂は、旧暦2月に「お水取り」(修二会)が行われることから付けられた名称。

 1180年(治承4年)の平重衡の兵火、1567年(永禄10年)の松永久秀の兵火にも焼け残ったが、1667年(寛文7年)の「お水取り」の最中に失火し焼失してしまう。

 現在の建物は、その2年後に再建されたもので、国宝に指定されている。

 本尊は、「大観音」(大観音)と「小観音」(こかんのん)と呼ばれる二体の十一面観音像。どちらも公開されることのない絶対秘仏。


東大寺二月堂

東大寺二月堂

東大寺二月堂


東大寺二月堂
良弁杉

〜開山良弁の伝説〜

 良弁の両親は、観音菩薩に願ってやっと子を授かるが、金色の鷲にさらわれ行方不明となってしまった。

 あるとき、興福寺の義淵が春日神社に参詣しようとすると、途中の杉の梢に赤子をみつけた。

 その子が、のちに東大寺を開いた良弁だったという。

 二月堂の前の「良弁杉」は、そのいわれの木と伝えられている。

染屋太郎大夫時忠邸跡碑
リンクボタン染屋太郎邸址
(鎌倉)
大山寺良弁滝
リンクボタン大山寺良弁滝

(伊勢原)

リンクボタン良弁の伝説


東大寺二月堂







東大寺二月堂
二月堂の舞台から見た大仏殿


リンクボタン南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜





歴史めぐり源頼朝



東大寺
リンクボタン東大寺
(世界文化遺産)

 東大寺は、聖武天皇が建立した寺。全国に設置された国分寺の総本山として信仰された。
 本尊は奈良の大仏として知られる「銅造盧舎那仏坐像」


奈良県奈良市雑司町406−1

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
近鉄奈良駅から徒歩約20分


世界 東大寺は世界文化遺産
(古都奈良の文化財)


奈良・京都







葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり