奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



熊谷直実よろい掛け松
〜京都:金戒光明寺〜

編集:yoritomo-japan.com







熊谷直実よろい掛け松


 源頼朝に仕えた御家人・熊谷直実は、1184年(寿永3年)の一ノ谷の戦いで敵将平敦盛を討ち取るが、我が子ほどの年齢の若武者の命を奪ったことに無常観を感じ、のちに法然に弟子入りして出家した。

 その場所が金戒光明寺

 直実は、御影堂横の松に着けていた鎧を掛けたと伝えられている。

 初代、二代と直実の伝説を継承してきたが、2013年(平成25年)10月に枯れてしまい伐採された。

 2014年(平成26年)に三代目の松が植樹されている。

 法然廟の前には直実の五輪塔がある。 


源平の庭
リンクボタン源平の庭
(一ノ谷古戦場:須磨寺)






熊谷直実の墓
リンクボタン熊谷直実の墓
金戒光明寺極楽橋
リンクボタン直実と極楽橋

烏寺(専定寺)
リンクボタン烏寺(専定寺)
熊谷直実の伝説
法然寺
リンクボタン法然寺

熊谷直実創建


光明寺
リンクボタン粟生光明寺

 粟生野は、浄土宗の開祖・法然が初めて「念仏」の教えを説いた地。

 その地に、弟子の蓮生(熊谷直実)が建立した念仏三昧院が光明寺の始まり。







金戒光明寺
リンクボタン金戒光明寺

 浄土宗最初の寺院といわれる金戒光明寺
 幕末には京都守護で会津藩主の松平容保が本陣を置いた。


京都市左京区黒谷町121

JR京都駅から市バス
東天王町下車徒歩15分
岡崎道下車徒歩10分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時