奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

清水寺と清閑寺の領地争い

編集:yoritomo-japan.com







 『吾妻鏡』によると・・・

 1213年(建暦3年)7月25日、清水寺の僧が一堂を建立。

 しかし、そこは清閑寺の領地。

 清閑寺の僧が訴えを起こすと、清閑寺を末寺としている比叡山の衆徒が騒ぎ出した。

 すると、清水寺を末寺としている興福寺の衆徒も騒ぎ出し、8月3日、清水寺に砦を築いた。

 比叡山の衆徒は長楽寺に結集。

 朝廷は、検非違使の平有範・大内惟信・後藤基清を清水寺に派遣。

 清水寺の砦を壊し、武器を捨て法衣を着て仏前にいるよう説得すると、寺僧たちはこれを承知した。

 続いて、院の職員を長楽寺に派遣。

 同様に説得するが、所司の法師が応対しただけで、従う様子はなかった。

 衆徒に面会して天皇の言葉を伝えようとしたが、悪僧が出てきて、

 「命など惜しくはない、天皇の言葉など聞くに及ばず」

 などの暴言を吐く始末。

 院の職員は早々に退去したが、門や扉には石礫が飛んできたのだという。

 報告を受けた後鳥羽上皇は、北面の武士と在京の御家人・近臣の家人に命じて長楽寺を囲み、一人残らず逮捕するよう宣旨を下した。

 攻められた比叡山の衆徒は武装を解いたのだという。

 そして、8月6日、比叡山の衆徒は山を下り、根本中堂常行三昧堂の扉が封鎖され、常明灯が消され、日吉大社の御簾や神鏡を切って落として閉門させ、神官たちは追放されたのだとか。







清水寺
リンクボタン清水寺
京都:清閑寺
リンクボタン清閑寺


 清水寺は、興福寺の延鎮が創建した寺。

 清閑寺は、紹継法師が天台宗の寺院として創建。

 その後、土地は清水寺の所領となったが、その代わりに、清水寺の前執行・法橋快玄が還俗させられて佐渡国に配流されたのだという。


興福寺
リンクボタン興福寺
延暦寺
リンクボタン比叡山延暦寺



歴史めぐり源頼朝

源義経をめぐる京都




東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり