奈良・京都

後鳥羽天皇京都文化博物館特別展「よみがえる承久の乱」  武士2022年の大河ドラマは北条義時!  八坂神社八坂神社本殿が国宝に。

京都:蓮華王院
三十三間堂の仏像


編集:yoritomo-japan.com







三十三間堂千体観音立像
千体観音立像(国宝)と
二十八部衆立像(国宝)


 三十三間堂の本尊は、堂内の中央に安置されている千手観音坐像(国宝)。

 大仏師湛慶(運慶の子)が、小仏師康円と康清を率いて造立した。

 1251年(建長3年)7月に白河法勝寺で着手、翌年正月23日に完成したことが銘記から判明している。

 ※六波羅蜜寺で湛慶坐像を拝観することができる。



三十三間堂千手観音坐像
千手観音坐像
(国宝)


三十三間堂風神像
風神像
(国宝)
三十三間堂雷神像
雷神像
(国宝)







歴史めぐり源頼朝



三十三間堂
リンクボタン三十三間堂

 三十三間堂は、後白河上皇が院御所内に創建した蓮華王院の本堂。
 堂内には、本尊の千手観音坐像をはじめ、1001体の千手観音立像、風神・雷神像、二十八部衆立像などが安置されている。


京都市東山区三十三間堂廻町657

JR京都駅から市内循環バス
「博物館三十三間堂前」下車すぐ。



三十三間堂と法住寺
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり