鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



伝説!漁屋源十朗
〜鎌倉:佐助稲荷神社〜


編集:yoritomo-japan.com







佐助稲荷神社


 昔、魚を売ることを業としていた源十朗という者がいた。

 ある日、源十朗の背負子(しょいこ)に中に、犬に追いかけられた狐が飛び込んできた。

 源十朗は背負子の中の魚が気にはなったが、犬を追い払い狐を助けてあげた。

 その晩、源十朗の夢の中にその狐が現れ、「魚売りをやめて佐助ヶ谷でダイコンを作れば大きな富が得られる」というお告げがあった。

 俄かに信じ難いものであったが、源十朗は言われるがままにダイコンを作りはじめた。

 その冬に疫病が流行り、鎌倉中にひろまった。

 そんな時にある者の夢の中に神が現れ、「源十朗の作ったダイコンを食べれば病が治る」とお告げをしたことから、源十朗の作ったダイコンが飛ぶように売れ、大金持ちになったという。

 源十朗は狐に感謝し稲荷明神の社を建てた。

 それが現在の佐助稲荷神社だということだ。


ハマダイコンの花
リンクボタン由比ヶ浜のハマダイコン

 平成28年、佐助稲荷神社のダイコン伝説から栽培が始められたというハマダイコンが「鎌倉大根」としてデビューした。


okadoのブログ
佐助稲荷神社の霊験〜源十朗の大根物語

初午祭・・・佐助稲荷神社






佐助稲荷神社
リンクボタン佐助稲荷神社

 佐助稲荷神社は、源頼朝畠山重忠に建立させたと伝えられる神社。
 「佐助」という名称は、佐殿(すけどの)と呼ばれていた頼朝を助けたという意味から付けられたといわれている。


鎌倉市佐助2−22−12

鎌倉駅西口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時