鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝と
鶴岡八幡宮と東大寺


編集:yoritomo-japan.com







東大寺大仏
リンクボタン東大寺の大仏
(奈良の大仏)
東大寺大仏殿
リンクボタン東大寺大仏殿

 平重衡の南都焼討によって焼失した東大寺の再建には、源頼朝も積極的な助勢を行った。

 以後、鎌倉と東大寺の関係は深まり、鶴岡八幡宮の別当を勤めた定豪が東大寺の別当に就いたこともあったという。


菩薩面
リンクボタン菩薩面
(手向山八幡宮)

 鶴岡八幡宮菩薩面は、源頼朝東大寺大仏殿の落慶供養に参列した際、手向山八幡宮から贈られたものと伝えられている(鎌倉国宝館)。


南都焼討と東大寺の再興 〜重源と源頼朝〜







鶴岡八幡宮
リンクボタン鶴岡八幡宮

 鶴岡八幡宮は、1063年(康平6年)に源頼義が京都の石清水八幡宮を勧請して創建した鶴岡若宮を前身とし、1180年(治承4年)に源頼朝が現在地に遷した。

 以後、武家の都「鎌倉」の中心に置かれ、長く武家の崇敬を集めた。 


鎌倉市雪ノ下2−1−31

0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の節分 初午祭
鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
春旅。鎌倉 2020東京オリンピック:セーリング
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜