鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



甲斐善光寺の金堂

編集:yoritomo-japan.com







甲斐善光寺金堂


 1565年(永禄8年)、武田信玄によって建立された甲斐善光寺の伽藍は、1754年(宝暦4年)の失火により焼失。

 現在の山門・金堂は、1796年(寛政8年)に再建されたもので、いずれも重要文化財。


甲斐善光寺金堂


 総高27メートル、総奥行49メートル。

 善光寺建築に特有の撞木造(しゅもくづくり)。

 当初の建物より規模は縮小されているが、日本でも有数の木造建築物。

 本尊は善光寺如来像(銅造阿弥陀三尊像)。

 信濃善光寺の前立仏として鋳造され、甲斐善光寺でも前立仏として置かれていたが、1598年(慶長3年)に本尊が信濃善光寺に戻された後、甲斐善光寺の新しい本尊とされたと伝えられている。

 銅造阿弥陀三尊像は7年に一度の開帳。

 中陣天井に描かれている二匹の龍は、日本一の規模の「鳴き龍」。

 金堂下には「心」の字をかたどる「お戒壇廻り」がある。



〜善光寺如来像〜

 甲斐善光寺の本尊・銅造阿弥陀三尊像は、1195年(建久6年)に尾張の僧定尊が、信濃善光寺の前立仏として造立したもの。

 信濃善光寺の本尊は絶対秘仏で拝むことができないことから、鋳造されたものと考えられている(重要文化財)。

 信濃善光寺は、1179年(治承3年)に焼失した後、源頼朝によって復興され、1197年(建久8年)には頼朝自身も参詣しているという。


甲斐善光寺阿弥陀三尊像


7年に一度の御開帳
2022年(令和4年)

 信濃善光寺の御開帳に合わせて行われる7年に一度の儀式。

 開帳されるのは、本尊の銅造阿弥陀三尊像(一光三尊阿弥陀如来像)。

 コロナ禍の影響で2021年(令和3年)開催予定が1年延期されての御開帳。

 2022年(令和4年)4月3日(日)〜6月29日(水)の88日間。

 長野県の元善光寺・愛知県の祖父江善光寺東海別院・岐阜県の関善光寺・同じく岐阜善光寺でも同時に開催される。



信濃善光寺
リンクボタン信濃善光寺


善光寺前立本尊御開帳
リンクボタン信濃善光寺御開帳







善光寺と鶴岡八幡宮

歴史めぐり源頼朝



甲斐善光寺
リンクボタン甲斐善光寺

 甲斐善光寺は、武田信玄信濃善光寺をを山梨郡板垣郷に移したことに始まる。

 甲斐善光寺に伝わる源頼朝像は日本最古の彫像といわれる。


山梨県甲府市善光寺3−36−1

JR中央線・酒折駅より徒歩15分
JR身延線・善光寺より徒歩7分



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


奈良・京都 奥州平泉
源頼朝をめぐる大阪 源義朝最期の地

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編