鎌倉手帳(寺社散策)

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



源義経と浄瑠璃姫
〜鳳来寺の悲しい伝説〜


編集:yoritomo-japan.com








源義経と浄瑠璃姫


 東海道の矢作宿の長者・兼高は、子が授かるようにと婦人とともに鳳来寺に籠って祈願。

 すると、満願の日、婦人の夢枕に白髪の老翁が現れて、

 「望みどおりに子を授ける。

 女の子が生まれたら浄瑠璃と名づけよ」

 と告げたのだという。

 間もなく婦人は身籠り、女の子が誕生して浄瑠璃姫と名づけられた。

 すくすと育った姫は評判の美人となり15歳の春を迎える。





 1174年(承安4年)、奥州平泉藤原秀衡を頼るために鞍馬寺を出奔した源義経は、途中の矢作宿で兼高長者の家に宿を取った。

 その夜の事。

 浄瑠璃姫の奏でる琴の音が聞こえてきた。

 その素晴らしさに引かれた義経が姫の琴にあわせて笛を吹くと、姫もまた義経の笛に引かれ・・・

 いつしか二人の間に愛が芽生えた。


 しかし、義経は奥州へと落ち延びる途中。

 再開を約束して義経は旅立つが・・・

 半年を過ぎても義経からの連絡がない。

 「半年過ぎても私が戻らないときは、鳳来寺の千寿ガ峯で待つように」

 と言い残していた義経。

 その言葉を信じて浄瑠璃姫は千寿ガ峯に。

 庵を建てて義経を待ち続けていると、

 義経がやって来るという噂が・・・

 喜んだ姫だったが・・・

 道行く人に尋ねてみると、3日前ほどに通り過ぎて行ってしまったとのこと。

 悲しんだ姫は庵のほとりで自害して短い一生を終えたのだという。




(参考)
浄瑠璃物語

 岡崎市の伝説では、市内を流れる菅生川に身を投じたとされている・・・









源義経


歴史めぐり源頼朝





鳳来寺
リンクボタン鳳来寺

愛知県新城市門谷字鳳来寺1

豊鉄バス (田口新城線)「鳳来寺」下車
Sバス湯谷温泉もっくる新城線「鳳来寺山頂」下車



鳳来寺・東照宮MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


徳川家康


60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮