鎌倉手帳(寺社散策)

丸山稲荷社火焚祭
〜鎌倉:鶴岡八幡宮〜

編集:yoritomo-japan.com







丸山稲荷社火焚祭


 11月8日は、丸山稲荷社の「火焚祭」(鶴岡八幡宮の境内社)。

 五穀豊穣に感謝し、氏子の無病息災を祈る神事が執り行われ、「鎌倉神楽」が奉納されます。

 鎌倉神楽は、「湯立神楽」又は「湯花神楽」とも呼ばれ、そのゆったりとした流れは、各地で行われる「神楽」の基となったといわれています。

 「湯立神楽」又は「湯花神楽」といわれる由縁は、釜で湯を煮えたぎらせ、その湯を使って神事を執り行うところから来ています。 


11月8日:14:00頃から





鎌倉かぐら

 色とりどりの飾りが施された場所は「山」と呼ばれ、四方に竹を立てて囲んであります。

 ここで「鎌倉神楽」が奉納されます。


丸山稲荷社火焚祭

 煮えたぎった釜の湯。

 火の神様と水の神様を意味しています。


丸山稲荷社火焚祭

 この湯に枝葉をくぐらせ、この時の湯花の加減で吉凶が占われます。

 撒かれた湯がかかると健康で過ごせるといわれています。


丸山稲荷社火焚祭

 5本の矢をもった神職が、山の四方に矢を放ちます。

 残り1本は、神殿に向けますが、矢は放ちません。

 神殿には「厄はない」ということのようです。


丸山稲荷社火焚祭

 最後は「天狗」と「もどき」の登場です。

 天狗の舞を山の神「もどき」が邪魔をしながら参拝者を楽しませます。

 最後に「ミカン」を投げますが、もどきの”鼻くそ”をつけた「ミカン」にご利益があるということです。


イベント鎌倉神楽



伏見稲荷大社
イベント伏見稲荷大社


 京都の伏見稲荷大社は全国の稲荷神社の総本社。

 伏見稲荷大社の「火焚祭」(11月8日)では、崇敬者から奉納された数十万本の火焚串が焚き上げられます。

 2月に行われる「初午祭」は、伏見稲荷大社が鎮座した日が2月の初午の日であったことから例祭日となりました。

 丸山稲荷社でも2月の「初午の日」には、豊作を願う「初午祭」が行われます。







丸山稲荷社
イベント丸山稲荷社

 丸山稲荷社は鶴岡八幡宮の境内社。
 源頼朝が鶴岡八幡宮を創建する以前よりあった社で「地主稲荷」とも呼ばれています。
 社殿は鶴岡八幡宮の境内で一番古い建物で国の重要文化財。


イベント鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下2−1−31
0467(22)0315

鎌倉駅東口より徒歩10分






鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)