鎌倉手帳(寺社散策)

浜 降 式
〜鶴岡八幡宮例大祭〜

編集:yoritomo-japan.com







鶴岡八幡宮浜降式

 浜降式は、鶴岡八幡宮例大祭前日に行われる儀式で、身を浄(清)めるために宮司以下祭人が海に入って禊(みそぎ)をする。

 まだ夜が明けきらぬ早朝4時半頃になると由比ヶ浜の浜辺に呉竹二本が立てられ、注連縄がはられる。





浜降式 浜降式


浜降式


 浜降式は、9月14日の早朝5時頃から。

 白衣、白袴、白足袋のいでたちをした宮司以下の祭人が入場し祝詞が奏上された後、お祓いをうけた一同が褌姿になって海に入って身を浄(清)める。


浜降式 浜降式

 禊のしるしとして採った海藻は社頭まで運ばれて掲げられる。







歴史めぐり源頼朝


カジメ
狛犬の足元に掲げられた海藻


鶴岡八幡宮例大祭
リンクボタン鶴岡八幡宮例大祭

神幸祭
9月15日
流鏑馬
9月16日







鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)