鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



 五所八幡宮
〜源頼朝の祈願所:中井町〜

編集:yoritomo-japan.com







五所八幡宮


 中井町に鎮座する五所八幡宮は、1157年(保元2年)、比叡山延暦寺の僧慈恵門人の義圓が東国行脚の折、五所八幡宮の元宮といわれる祠に夜の宿を借り、霊夢によって白鳩に導かれ、「龍頭丘(りゅうずがおか)の杜」(現在地)に至り、ここに現われた童子(誉田別命(応神天皇):)の霊言に従って勧請したと伝えられる。

 五所宮の由来は、豊前国(大分県)に宇佐八幡宮が勧請されてより、京都男山の石清水八幡宮、鎌倉の鶴岡八幡宮、河内国の壺井八幡宮に次いで五番目とされるからであるという。

 『吾妻鏡』には、1192年(建久3年)、源頼朝は、妻北条政子の御産加持を命じたことが記されている。


リンクボタン北条政子の安産祈願所






歴史めぐり源頼朝



五所八幡宮
五所八幡宮

 4月29日の例大祭で奉納される「鷺の舞」は無形民俗文化財。


神奈川県足柄上郡中井町遠藤84

JR二宮駅よりバス「比奈窪」行きまたは「高尾」行き
「五所の宮バス停」下車すぐ



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


7年に一度の御開帳
信濃善光寺
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編