中世歴史めぐり

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



景清錣引伝説
〜屋島古戦場〜


編集:yoritomo-japan.com







景清錣引伝説


 平家の侍大将・平景清と美尾屋十郎廣徳の一騎打ちが行われた所。

 逃げる十郎の兜を景清が熊手で引っかけ、兜の錣(しころ)を引きちぎったのだとか・・・

 『平家物語』によると・・・

 那須与一の扇の的を射落とす妙技に感動した平家方の老武者が、船上に出てきて舞を舞うが、義経の命を受けた与一は、この老武者を射殺してしまう。

 雪辱を晴らそうと平家の三人の武者が渚に上がり、源氏方からは五騎の武者が進み出る。

 真っ先に進み出た源氏方の美尾屋十郎廣徳。

 馬が射られると徒歩立ちで平家の武士に切りかかる。

 そこへ現れたのが大長刀をもった平景清。

 かなわないと思って逃げる廣徳。

 それを追いかける景清は、廣徳の錣をつかみ、それを引きちぎったのだという。

 「この頃は噂にも聞こえているだろう。今は目でも見たまえ。これこそ京童が呼ぶ上総の悪七兵衛景清よ」

 景清は、こう言い捨てて戻っていったのだとか。

 これに気をよくした平家。

 二百余人が渚に上がり源氏を挑発。

 これに対して源氏は、源義経をはじめとする八十余騎が駆け散らすが・・・

 義経が弓を落としてしまう・・・ 


続きはこのページで。
義経弓流し跡
リンクボタン義経弓流し跡



〜平景清〜

 平景清は、壇ノ浦の戦い後「悪七兵衛」と呼ばれ、1195年(建久6年)、源頼朝東大寺大仏殿の落慶供養に参列するため上洛すると、頼朝を暗殺しようとして、東大寺の転害門に隠れていたという。

 石清水八幡宮に参拝した頼朝を狙ったとも。

 一般的に景清は「平姓」で呼ばれているが、それは平家の都落ちに従ったためで、本当の姓は「藤原」。

 「俵藤太」と呼ばれた藤原秀郷の子孫なのだとか。


景清窟
リンクボタン景清窟
(鎌倉)
東大寺大仏殿
リンクボタン東大寺大仏殿



源義経伝説をめぐる

歴史めぐり源頼朝







屋島古戦場
リンクボタン屋島古戦場



屋島古戦場MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



源平合戦

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編