鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編

紅葉



霊 山 院
〜関東最古の禅寺〜


編集:yoritomo-japan.com








霊山院


 霊山院(りょうぜんいん)は、1197年(建久8年)、当時慈光寺の住持だった栄朝が禅の道場として創建したことに始まる。

 栄朝は、慈光寺の厳耀のもとで得度し、我が国臨済宗開祖の栄西に師事して禅を修めたのだという。

 そのため関東で最も古い禅寺とされ、後鳥羽上皇からは「東関最初禅窟」という勅額を賜ったのだという。

 『新編武蔵風土記稿』は、

 「慈光寺の塔頭だが上野国の長楽寺の末に属し、慈光寺は天台宗だが霊山院は臨済宗」

 と伝えている。

 1872年(明治5年)、妙心寺末となる。

 本尊は釈迦如来。



 栄朝が師事した厳耀は畠山重忠の伯父といわれる(大伯父とも)。





慈光寺観音堂
リンクボタン慈光寺
(ときがわ町)

 慈光寺は、源頼朝畠山重忠が信仰した観音霊場。



長楽寺
リンクボタン長楽寺
(太田市)

 上野国の長楽寺も栄朝が開いた寺院。








歴史めぐり源頼朝



霊山院
霊山院

埼玉県比企郡ときがわ町西平445



源頼朝ゆかり慈光寺と関係寺社めぐり
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


紅葉


後鳥羽VS義時
承久の乱
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編