鎌倉手帳(寺社散策)

ぼんぼり祭鶴岡八幡宮ぼんぼり祭  観音さま観音さまの縁日:四万六千日  黒地蔵縁日覚園寺の黒地蔵縁日   新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

鎌倉:曹洞宗の寺

編集:yoritomo-japan.com







 曹洞宗(禅宗)の開祖は道元。

 臨済宗の栄西が、教義を広める方法として権力に近づいたのに対し、道元は世俗をきらい、権力者に媚びたり、名声を求めることを避け、すべて自己の力によって実現することに専念した。

 五代執権北条時頼は、道元を鎌倉に招き教えを受けた。その際、寺を寄進することを提案したが、道元はそれを断って越前の永平寺に帰ってしまったという。


道元


禅〜自身で開く悟り:鎌倉新仏教〜

茶道と禅道(茶禅一致)〜建長寺の茶筅供養〜

只管打坐〜道元鎌倉御行化顕彰碑〜

道元の鎌倉教化





松久寺
リンクボタン松久寺
(浄明寺)
大船観音
リンクボタン大船観音寺
(岡本)

鎌倉・黙仙寺
リンクボタン黙山寺
(岡本)
鎌倉・龍宝寺
リンクボタン龍寳寺
(植木)



鎌倉道元
リンクボタン道元鎌倉御行化顕彰碑

 鶴岡八幡宮の西側、巨福呂坂へと通ずる道に、「道元鎌倉御行化顕彰碑」が建てられている。

 曹洞宗の開祖、道元は、中国(宋)に渡り、「正伝の仏法」を伝えた。「正法眼蔵」を著す。

 五代執権北条時頼に招かれ、半年間鎌倉に滞在したが、時頼の寺院建立の要請は断った。

 鎌倉幕府御家人の波多野義重の助けをかり、越前に永平寺を建立。

 碑には「只管打坐(しかんたざ)」と彫られている。



リンクボタン宗派別鎌倉の寺

リンクボタン鎌倉の寺院一覧






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時