鎌倉手帳(寺社散策)

奥の院(正覚院)
伊豆修禅寺


岡戸事務所
編集:岡戸事務所







修禅寺奥の院


 修禅寺の奥の院(正覚院)は、791年(延暦10年)に弘法大師が修行をしたという場所で、修禅寺の根本道場。

 境内には、弘法大師が修行した「阿吽の滝」がある。


修禅寺奥院額


阿吽の滝
リンクボタン阿吽の滝
修禅寺奥の院
庭園



〜奥の院への道〜

修禅寺道標
道標(いろは石)

 修禅寺から奥の院までは、約5qの道のり。
 奥の院道には、「いろは石」と呼ばれる道標が何本も建てられている。


修禅寺休み堂
休み堂跡

 4月20日の「お上り」と21日の「お下り」と呼ばれる「春季弘法祭」の神輿行列が休憩をとる場所。
 昭和30年代までは、ここに「休み堂」があったというが、現在は下湯舟地区の公民館となっている。


修禅寺いぼ石
いぼ石

 石の「くぼみ」にたまった水に「いぼ」をつけると完治すると伝えられている。
 弘法大師が修行中に里人より相談を受けて、教えたのだという。
 かつては、湯舟川の川中にあった。


修禅寺奥の院

修禅寺奥の院





修禅寺奥の院

 奥の院から山道を50分ほど歩くと桂大師。

 弘法大師の枝が芽吹き育ったという桂の大木の根元に、大師の石仏が祀られている。

 (上の写真は、奥の院の入口)







歴史めぐり源頼朝



修禅寺
リンクボタン修禅寺

 「修善寺」という地名は、弘法大師によって開創された修禅寺をその由来としている。


静岡県伊豆市修善寺964

伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」より
修善寺温泉行バス。
「修善寺温泉」下車



修禅寺歴史めぐりMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。


伊豆韮山
リンクボタン源頼朝の配流地
(伊豆韮山)

伊豆・箱根
リンクボタン伊豆・箱根の旅
(源頼朝・北条氏ゆかりの地)







鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)