奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



金 堂
京都:東寺(教王護国寺)

編集:yoritomo-japan.com







東寺金堂


 東寺(教王護国寺)の諸堂の中で最初に建設が始められたのが金堂。

 東寺が弘法大師(空海)に下賜された823年(弘仁14年)頃には完成していたものと考えられている。

 本尊の木造薬師如来坐像と日光・月光菩薩の両脇侍像が安置されている(いずれも重要文化財)。

 創建当時の建物は、1486年(文明18年)の土一揆によって、南大門講堂などとともに焼失。

 現在の建物は1603年(慶長8年)、豊臣秀頼の寄進によって再建された。

 和様と大仏様が併用されたもので、桃山時代の代表的建築物(国宝)。

 屋根の切り上げは、東大寺大仏殿宇治平等院鳳凰堂にも見られる形。


東寺金堂

東寺金堂






薬師三尊像
木造薬師三尊像

 奈良時代の様式の仏像で、1486年(文明18年)に焼失後、1603年(慶長8年)に仏師康正によって復興されたもの。

 中尊の像高は2.88メートルで、台座と光背を含めた総高は10メートルに達する。

 光背には、七体の化仏が配され、台座には十二神将が並べられている。






歴史めぐり源頼朝



東寺(教王護国寺)
リンクボタン東寺(教王護国寺)

 東寺(教王護国寺)は、桓武天皇によって平安京鎮護の官寺として創建された。
 のちに弘法大師に下賜され、我が国初の密教寺院となった。


京都市南区九条町1

JR京都駅八条口から徒歩15分
近鉄「近鉄東寺駅」下車徒歩10分



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時