奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



東大寺の中門

編集:yoritomo-japan.com







東大寺中門


 東大寺の中門(ちゅうもん)は、大仏殿手前の楼門。

 中門からは左右に回廊が伸び、大仏殿に通じている。

 現在の中門は、1716年(享保元年)ごろの再建と考えられ、国の重要文化財に指定されている。


廻廊
中門から伸びる廻廊






持国天
持国天
毘沙門天
兜跋毘沙門天
(多聞天)

 持国天は東方を、毘沙門天は西方を守護する武神。

 中門の持国天と毘沙門天は、京仏師山本順慶が造立したもので、1719年(享保4年)に開眼供養が行われた。



リンクボタン南都焼討と東大寺の再興〜重源と源頼朝〜







歴史めぐり源頼朝



東大寺
リンクボタン東大寺
(世界文化遺産)

 東大寺は、聖武天皇が建立した寺。全国に設置された国分寺の総本山として信仰された。
 本尊は奈良の大仏として知られる「銅造盧舎那仏坐像」


奈良県奈良市雑司町406−1

JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
近鉄奈良駅から徒歩約20分


世界 東大寺は世界文化遺産
(古都奈良の文化財)


奈良・京都



東大寺境内MAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり



2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱