奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



三条東殿遺址
〜 京 都 〜

編集:yoritomo-japan.com







三条東殿遺址


 三条東殿遺址(さんじょうひがしどの)は、後白河上皇の院御所があった地で、平治の乱の勃発の地。

 三条通の東西には三条殿と呼ばれる御所があって、三条東殿・三条西殿と呼ばれていたのだという。

 三条東殿は、白河法皇・鳥羽上皇・後白河上皇の院御所となった。



〜源義朝の襲撃〜
(平治の乱)

 1159年(平治元年)、後白河院政派と二条親政派が対立し、さらに院内部でも信西と藤原信頼が対立。

 そして、12月9日、藤原信頼と組んだ源義朝は、後白河上皇の院御所「三条殿」を夜襲。

 後白河上皇を連れ去って幽閉し、信西を殺害。

 信西追討の恩賞として播磨守に任官され、嫡子頼朝は右兵衛佐に任ぜられた。

 しかし、12月27日、二条親政派の平清盛に敗れ、後白河院政派は壊滅。

 義朝は都を落ちて東国へと向かうが、尾張国野間で家臣に暗殺されている。


源義朝の墓
リンクボタン源義朝墓







=三条東殿遺址碑の所在=

京都市中京区姉小路烏丸東入ル南側



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。


歴史めぐり源頼朝




奈良・京都


葵祭

祇園祭

時代祭


中世歴史めぐり




2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱