奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:御辰稲荷神社

編集:yoritomo-japan.com







御辰稲荷神社


 1705年(宝永2年)、東山天皇の典侍だった新崇賢門院の夢枕に一匹の狐が現れて「辰巳の方角にわれを祀れ」と告げた。

 御所の辰巳の方角には聖護院の森があり、そこに小祠を営んだのが御辰稲荷神社のはじまり。

 この御辰狐は、宗旦狐と並ぶ風流狐で、琴を得意とし、聖護院の森を通ると琴の音が聞こえ、都人はその琴の音に聴き惚れた。

 そのため、芸能の神として参拝者が絶えなかったという。



〜福石大明神の伝説〜

 昔、白河橋のほとりに貧しい夫婦がいた。
 妻は御辰稲荷を信仰し、ある時、百日の願をかけた。

 その満願の日に真っ黒な小石を授かり、その石を持ち帰って神棚に祀った。

 そのうち妻は身籠もって玉のような女の子を産んだ。

 女の子は美しく成長し、やがて大名の目に止まり、男子を生んで「お部屋さま」となり、夫婦も幸せに暮らしたという。


御辰稲荷の真黒石
願い事の叶う真黒石






 御辰狐と並んで語られるのが相国寺の宗旦狐。千宗旦に化けて茶会でお点前をやってのけた狐。

 相国寺には、この狐を祀る宗旦稲荷がある。


相国寺宗旦稲荷社
リンクボタン宗旦稲荷社

(相国寺)







御辰稲荷神社
御辰稲荷神社

京都市左京区聖護院円頓美町29−1

・京阪鴨東線 神宮丸太町駅下車徒歩7分
・市バス熊野神社前下車徒歩2分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時