奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

京都仁和寺の五重塔

編集:yoritomo-japan.com







仁和寺五重塔


 仁和寺の五重塔は、1644年(寛永21年)、徳川三代将軍家光の寄進によって建立された(国重文)。

 塔身32.7m、総高36.18m。

 東寺五重塔と同様に、各層の屋根がほぼ同一の大きさに造られ、江戸期の五重塔の特徴をよく表しているという。

 内部には大日如来と、その周りに無量寿如来などの四方仏を安置。

 柱や壁面には真言八祖、菊花文様などが描かれている。



仁和寺五重塔

 初層西側に掛けられているのは大日如来を示す梵字の額。


仁和寺五重塔






歴史めぐり源頼朝



京都の五重塔


仁和寺
リンクボタン仁和寺

仁和寺は、真言宗御室派の総本山。
明治維新まで皇子皇孫が仁和寺の門跡(住職)となった格式の高い寺。


京都市右京区御室大内33

・嵐電北野線「御室仁和寺駅」下車 徒歩約2分
・京都駅からJRバス:高尾・京北線「仁和寺前」下車すぐ



洛西エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり