奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

醍醐寺の三宝院

編集:yoritomo-japan.com







醍醐寺三宝院


 三宝院は、醍醐寺の塔頭。

 1115年(永久3年)、醍醐寺第14世座主・勝覚が創建した灌頂院が始まりで、のちに仏法の三宝にちなんで改名。

 1143年(康治2年)には鳥羽上皇の御願寺となった。 

 室町期には歴代足利将軍から信仰され、「黒衣の宰相」とも呼ばれた25世満済は、1396年(応永3年)に足利義満の猶子となって醍醐寺座主に任じられた。

 以後、三宝院主が醍醐寺座主を兼ねるようになったのだという。

 応仁の乱で焼失してしまうが、豊臣秀吉の信頼が厚かった醍醐寺金剛輪院の院主・義演が三宝院32世を名乗り、金剛輪院を三宝院に改めた。






葵の間

 襖絵には、下鴨神社から上賀茂神社へと向かう葵祭の行列が描かれている。

葵祭


秋草の間

 襖絵には、秋の七草の風景が描かれている。

勅使の間

 襖絵は、桃山時代のもので長谷川等伯の一派が描いたという竹林花鳥図。


醍醐寺唐門
唐門

 朝廷からの使者を迎えるための勅使門(国宝)。


三宝院表書院
表書院

 平安時代の寝殿造りの様式を取り入れた建築物(国宝)。

 下段・中段・上段の間からなり、下段の間は「揚舞台の間」とも呼ばれ、畳をあげると能舞台になる。

 中段の間、上段の間は下段の間より一段高く、能楽や狂言を高い位置から見下ろせるようになっている。

 上段の間の襖絵には、長谷川等伯一派の作といわれる四季の柳が描かれ、下段の間の襖絵には石田幽汀の「孔雀と蘇鉄」が描かれている。



〜名勝三宝院庭園〜

三宝院庭園

 三宝院庭園は、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭で、国の特別史跡・特別名勝。

 この2つが重複指定されているのは、小石川後楽園、浜離宮恩賜公園、金閣寺銀閣寺、平城京左京三条ニ坊宮跡、厳島、毛越寺庭園、一乗谷朝倉氏庭園と醍醐寺三宝院の9箇所のみ。


三宝院庭園
亀島

 亀の甲羅のように見える島。

 島を覆うのは五葉松で、樹齢600年以上といわれ、亀の「静寂」を表している。


三宝院庭園
鶴島

 亀島の西隣にある島。

 島に植えられている五葉松。

 向かって左側の石橋が鶴の首にあたり、今にも鶴が飛び立とうとしている「躍動感」を表している。


三宝院庭園
賀茂の三石

 向かって左の石は、賀茂川の「流れの速いさま」を、中の石は「川の淀んだ状態」を、右の石は「川の水が割れて砕け散る様子」を表している。


三宝院庭園
三段の滝







歴史めぐり源頼朝



醍醐寺
リンクボタン醍醐寺

 874年(貞観16年)創建。
 現存する堂宇は、桃山時代以降のものがほとんどだが、五重塔は952年(天暦6年)建立で府内最古の木造建築物。 


京都市伏見区醍醐東大路町22

京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車



洛南エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり