鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



泥 牛 庵
〜南山士雲が開いた寺:六浦道(路)〜

編集:yoritomo-japan.com







泥牛庵


 鎌倉時代の末頃の創建と考えられ、開山は南山士雲。

 南山和尚といえば、北条高時が建立した鎌倉弁谷の崇寿寺の開山も勤めた僧で、1333年(元弘3年)、新田義貞鎌倉攻めの際に、最期の戦いに挑む長崎高重に「武士とは刀を頼って進む以外ない」と教えたと伝えられている。

 (※高重は内管領長崎高資の子)

 泥牛庵は、六浦藩主・米倉丹後守の陣屋跡(米倉陣屋跡)辺りにあったが、1722年(享保7年)、丹後守が陣屋を構えたことから現在の地に移ったという。

 1438年(永享10年)、鎌倉公方足利持氏が将軍足利義教に対して起こした反乱(永享の乱)では、持氏に従った海老名尾張入道の自刃した場所が、米倉陣屋跡にあったころの泥牛庵ではないかともいわれている。






泥牛庵
泥牛庵

横浜市金沢区瀬戸11-15


六浦史跡めぐり



六浦史跡巡りMAP
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。



鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編