鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態!外出自粛!我慢!

鎌倉妙法寺の本堂

編集:yoritomo-japan.com







妙法寺本堂


 鎌倉に入った日蓮が結んだ庵は「法華堂」と称され、その後、本国寺として創建された。
 その本国寺は、鎌倉幕府滅亡後、第四祖日静の代に足利尊氏のすすめによって京都に移され、その跡地に日叡が妙法寺を建てたのだという。

 (参考:安国論寺長勝寺も日蓮が草庵を結んだ地と伝えられている。)

 現在の本堂は、肥後細川家が江戸時代に建立したもの。格天井や板戸の画は当時のままだといわれる。





妙法寺
リンクボタン妙法寺

 妙法寺は、鎌倉で悲運の最期を遂げた護良親王の子日叡が、日蓮の旧跡に再興した寺。
 裏山山頂には護良親王の墓が建てられている。


鎌倉市大町4−7−4
0467(22)5813

鎌倉駅東口から徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町・名越

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)