鎌倉手帳(寺社散策)

源頼朝暗殺計画
上総五郎兵尉忠光


編集:yoritomo-japan.com







永福寺跡


 『吾妻鏡』によれば・・・

 1192年(建久3年)正月21日、永福寺建設現場の人夫のなかに左目を失った男がいた。

 「あの男は何者か」と怪しんだ源頼朝は、梶原景時に調べさせるが正体は不明。

 頼朝の前に召し出された人夫。

 佐貫四郎大夫広綱が身体を調べると、懐に一尺あまりの打刀を所持していた。

 そして、失明していたと思われた左目には、魚の鱗がはめられ、失明を装っていたことがわかった。

 ますます怪しいので問いただすと、人夫は「上総五郎兵尉忠光」 と名乗り、頼朝を殺そうとしていたことを白状した。

 頼朝は、忠光を和田義盛に預け、暗殺計画に組した者が他にいないか調べさせた。

 尋問に対して忠光は、

 「仲間はいない。ただし、去年丹波国に隠居した越中次郎兵衛尉盛嗣は、同じ志を持っているかもしれない」

 と語ったという。

 それから1ヶ月後の2月24日、忠光は、武蔵国六連(六浦)の海辺で斬首されている。

 ※忠光の語った越中次郎兵衛尉盛嗣(平盛俊の子)は、のちに捕まり由比ヶ浜で斬首。





〜忠光の父・藤原忠清〜

 上総五郎兵尉忠光は、藤原忠清の子。

 忠清は、伊勢国に基盤をおいた藤原秀郷流の伊藤氏の出身で、平氏の有力な家人。

 1184年(元暦元年)、一ノ谷の戦い後、東国軍の主力が鎌倉に帰還すると、伊賀・伊勢で大規模な反乱を起こした(三日平氏の乱)。

 その後逃亡していたが、壇ノ浦の戦い後に捕らえられ、1185年(文治元年)5月16日、六条河原で斬首されている。


〜下関にある忠光の墓〜

平家一門の墓
リンクボタン平家一門の墓
(壇ノ浦古戦場・赤間神宮)

 赤間神宮にある14基の平家一門の墓には、藤原忠光の名もある。

 『吾妻鏡』では壇ノ浦の戦い後も生きていた忠光だが・・・


〜忠光の弟は平景清〜

景清窟
リンクボタン景清窟
(鎌倉:仮粧坂)

 忠光の弟は悪七兵衛と呼ばれた平景清。

 景清にも源頼朝の暗殺を企てたとする伝説があって、仮粧坂には景清が幽閉されたという牢跡が残されている。


リンクボタン頼朝暗殺を企てた平景清の伝説







歴史めぐり源頼朝



永福寺跡
リンクボタン永福寺跡

 永福寺源頼朝が創建した三大寺院の一つ。
 本堂の二階堂を中心に阿弥陀堂、薬師堂が並ぶ壮大な寺院だった。

 跡地は国の指定史跡。


鎌倉市二階堂

鎌倉駅徒歩25分
バス停「大塔宮」から徒歩5分



リンクボタン鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂MAP







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉:梅の名所 鎌倉桜情報
献詠披講式 桜の開花・見頃情報
観桜会 鎌倉まつり
円覚寺洪鐘祭 鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜