鎌倉手帳(寺社散策)

紅葉鎌倉は紅葉・黄葉シーズン!  紅葉長谷寺ライトアップ開催中!  紅葉明月院本堂後庭園公開中!  紅葉長壽寺の秋の特別拝観  渋沢栄一2021年の大河ドラマは「青天を衝け」

井草八幡宮
〜源頼朝ゆかりの社〜

編集:yoritomo-japan.com







井草八幡宮


 井草八幡宮は、縄文期から祀られ、神社としての形態をととのえたのは平安時代末期といわれている。

  始めは春日社を祀っていたが、源頼朝奥州征伐の戦勝祈願をしたことで八幡大神(やはたのおおかみ)を主祭神とするようになったのだと伝えられている。

 戦国期には、扇ケ谷上杉家の執事太田道灌が戦勝祈願をしたと伝えられ、江戸期には、三代将軍徳川家光が寺社奉行井上正利に社殿造営を命じ、六石余の朱印領を与えている。



〜遅野井と源頼朝〜

遅の井の滝
リンクボタン遅の井の滝
(善福寺公園)
源頼朝御手植の松
リンクボタン頼朝御手植の松
(井草八幡宮)

 井草八幡宮のある杉並区善福寺周辺は、遅野井と呼ばれ、井草八幡宮も明治期までは遅野井八幡宮と称していた。

 1189年((文治5年)、奥州平泉の藤原泰衡討伐のため出陣した源頼朝は、遅野井に立ち寄り井草八幡宮で戦勝を祈願。

 帰りにも遅野井に立ち寄り、湧き水の伝説を残した。

 1193年(建久4年)には、井草八幡宮の境内に自らの手で雌雄二本の松を植えたのだという。



井草八幡宮

井草八幡宮楼門







歴史めぐり源頼朝

奥州征伐

奥州平泉



井草八幡宮
井草八幡宮

東京都杉並区善福寺1−33−1

JR中央線・総武線・東京メトロ丸ノ内線
「荻窪駅」北口よりバス「八幡宮裏」下車
西武新宿線
「上石神井駅」よりバス「桃四小前」下車



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時