鎌倉手帳(寺社散策)

妙本寺のカイドウ

編集:yoritomo-japan.com







妙本寺のカイドウ


 妙本寺のカイドウは小林秀雄が「中原中也の思ひ出」に描きました。

 評論家小林秀雄と詩人中原中也は、同じ女性をめぐって喧嘩をします。

 のちに、祖止堂前のカイドウの下で語り合ったと小林秀雄は書いています。

 その後、鶴岡八幡宮の茶店でビールを飲んだといいます。

 現在のカイドウは、それから数えて三代目(参考:鎌倉三大カイドウ)。


妙本寺のカイドウ

『中原中也の思ひ出』

花びらは死んだ様な空気の中を、まっ直ぐに間断なく、落ちていた。

樹陰の地面は薄桃色にべっとりと染まっていた。

あれは散るのじゃない、散らしているのだ、一とひら一とひらと散らすのに、きっと順序も速度も決めているに違いない、何という注意と努力、私はそんな事を何故だかしきりに考えていた。


妙本寺のカイドウ







妙本寺カイドウの碑
「海棠花下吟」の碑

 カイドウは、ソメイヨシノが散り始める頃に見頃を迎えます。
 カイドウが見頃になると本堂前の枝垂れ桜も見頃を迎えます。


妙本寺の桜
リンクボタン妙本寺

鎌倉市大町1−15−1

鎌倉駅東口から徒歩8分


鎌倉のカイドウ


okadoのブログ
鎌倉:花情報



鎌倉で見つけた花


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)