鎌倉手帳(寺社散策)

アジサイ鎌倉のアジサイ  新緑新緑の鎌倉  
    渋沢栄一「晴天を衝け」  武士「鎌倉殿の13人」



獅 子 頭
〜鎌倉宮の初詣〜

編集:yoritomo-japan.com







 新型コロナウイルスの感染防止のため、初詣は日時の分散が求められています。
 昇殿・祈祷・イベント等についての変更もあるかと思われますので、確認の上お出掛け下さい。

 大晦日から元日にかけてのJR東日本・小田急・江ノ電の終夜運転は行われません。


鎌倉宮の獅子頭


 鎌倉宮の「獅子頭」は、祭神の護良親王が戦のときに兜の中に入れて出陣したという故事から、 「厄除け・幸運招来のお守り」として伝えられています。

 護良親王は、天台座主(比叡山延暦寺の貫主)を勤め、大塔宮(おおとうのみや)とも呼ばれました。

 1331年(元弘元年)、父の後醍醐天皇が鎌倉幕府倒幕のための「元弘の乱」を起こすと、還俗して倒幕運動に参戦し活躍しました。


〜太平殿に置かれている獅子頭〜

鎌倉宮の獅子頭

鎌倉宮の獅子頭







初詣:鎌倉宮
イベント初詣:鎌倉宮

 鎌倉宮は、鎌倉で悲運の最期を遂げた護良親王を祀るため、明治天皇によって創建された神社です。







鎌倉の行事・祭


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉の桜情報 鎌倉アジサイめぐり
鎌倉の紅葉 鎌倉の梅