鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の紅葉 鎌倉殿の13人
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編



志一稲荷

編集:yoritomo-japan.com







志一稲荷社


 鶴岡八幡宮の西の鳥居を出ると、鶯谷山(愛宕山とも呼ばれる。)の中腹に志一稲荷がある。

 志一とは京都仁和寺の僧の名。

 この辺りは、鶯ヶ谷と呼ばれる谷戸で、三代将軍源実朝が鶯の初音を聞いたという故事からそう呼ばれるようになった。


 志一稲荷には次のような伝説が残されている。

 訴訟で鎌倉に来た志一。

 しかし、筑紫に大切な文書を忘れてしまった。

 そこで、可愛がっていた狐を使わすと、狐は一夜のうちに持って帰ってきてくれたのだという。

 しかし、長い道のりを走り続けた狐は志一に文書を渡すと死んでしまった。


 志一稲荷は、その狐を祀った祠なのだと伝えられている。


 それを聞いた畠山入道が「深く感じ入り信仰した」ということや、狐の奇特に感じ入った関東一円の人々が信仰したということが『太平記』に描かれている。


祭神:倉稲魂神






志一稲荷社


okadoのブログ
馬場小路






歴史めぐり源頼朝



志一稲荷社
志一稲荷

鎌倉市雪ノ下2−3

鎌倉駅東口から徒歩15分



鶴岡八幡宮周辺・西御門・二階堂
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


2021年大河
青天を衝け
60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編