中世歴史めぐり

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

誉田林古戦場
〜大坂夏の陣の古戦場〜


編集:yoritomo-japan.com







誉田林古戦場跡


 誉田八幡宮付近は、南北朝期から戦国期にかけて再三にわたって戦いの舞台となった。

 1615年(慶長20年)5月6日、大坂夏の陣「道明寺・誉田の戦い」では、大坂方の薄田兼相(すすきだかねすけ・隼人正)が陣を構え、この地より出撃して討死した。

 真田信繁(幸村)も付近に陣を構えている。

 この戦いで後藤基次(又兵衛)をはじめとする討死者を出した豊臣軍は、退却を決定。

 殿(しんがり)を務めた信繁は、伊達政宗隊と奮戦し、豊臣軍撤収に成功したのだという。

 しかし、翌7日、信繁は天王寺・岡山の戦いで討死。

 さらに8日、豊臣秀頼が淀殿、大野治長とともに大坂城で自刃し、豊臣家が滅亡した。






歴史めぐり源頼朝



誉田八幡宮
リンクボタン誉田八幡宮

大阪府羽曳野市誉田3−2−8

近鉄南大阪線「古市駅」下車徒歩10分


源頼朝をめぐる大阪



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。







中世歴史めぐり

カスタム検索