奈良・京都

北条義時2022年の大河は「鎌倉殿の13人」  合戦承久の乱  後鳥羽天皇後鳥羽上皇  武士北条義時

京都:知恩院勢至堂

編集:yoritomo-japan.com







知恩院勢至堂


 知恩院の勢至堂(せいしどう)は、本地堂とも呼ばれ、法然の住坊があった所とされている。

 現在の建物は、1530年(享禄3年)の再建で、知恩院で最も古い建築物(重要文化財)。

 「知恩教院」の額は後奈良天皇の宸翰で、知恩院の名の起源。

 本尊は法然の尊像だったが、現在は御影堂に移されているため、勢至菩薩像(重要文化財)を本尊として祀っている。

 法然の幼名は勢至丸。そのため、法然の本地仏として造立されたものと考えられている。






知恩院
リンクボタン知恩院

 知恩院は、法然が開いた浄土宗の総本山。
 法然が草庵を結び専修念仏の布教をした所。

 江戸時代には徳川家の庇護を受け、現在の大伽藍が完成された。


京都市東山区林下町400

市バス206系統「知恩院前」下車徒歩5分
地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩8分



東山エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり