奈良・京都

京都:下御霊神社

編集:yoritomo-japan.com







下御霊神社


 下御霊神社は、863年(貞観5年)、神泉苑の御霊会で祀られた早良親王(崇道天王)、伊予親王、藤原吉子、藤原広嗣、橘逸勢、文屋宮田麻呂に吉備聖霊、火雷天神を加えた八所御霊を祀ったことに始まる。

 当初は、上御霊神社の南にあったことから下御霊神社と呼ばれ、移転を繰り返した後、1590年(天正18年)、豊臣秀吉の命により現在地に移転。

 京都御所の産土神として崇敬された。

 現在の本殿は、1791年(寛政3年)に仮皇居の内侍所を移築したもの。


祭神

崇道天皇
(早良親王。光仁天皇の皇子)
伊予親王
(桓武天皇の皇子)
藤原大夫人
(藤原吉子、桓武天皇皇子伊予親王の母)
藤原大夫
(藤原廣嗣)
橘大夫
(橘逸勢)
文大夫
(文屋宮田麿)
火雷神
(以上六柱の荒魂。)
吉備大臣
(吉備真備)





下御霊神社
下御霊神社

京都市中京区寺町通丸太町下ル下御霊前町

地下鉄烏丸線「丸太町駅」から徒歩7分


奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり