奈良・京都

京都:御靈神社
〜上御霊神社〜

編集:yoritomo-japan.com







上御霊神社


 平安遷都の794年(延暦13年)、桓武天皇が非業の死を遂げた弟・早良親王(さわらしんのう)の怨霊を鎮めるため御霊として祀ったのが御靈神社(ごりょうじんじゃ・上御霊神社)の始まり。

 その後、井上内親王、他戸親王、藤原大夫人、橘大夫、文大夫を合祀。
 863年(貞観5年)には、神泉苑に六座の神座を設け悪疫退散の御霊会が催されている。

 さらに六柱の荒魂(あらたま)・火雷神と吉備真備が合祀された。

 本殿は、1733年(享保18年)に寄進された内裏賢所御殿の遺構を1970年(昭和45年)に復原したもの。


祭神

崇道天皇
(早良親王。光仁天皇の皇子)
井上大皇后
(光仁天皇の皇后)
他戸親王
(光仁天皇の皇子)
藤原大夫人
(藤原吉子、桓武天皇皇子伊予親王の母)
橘大夫
(橘逸勢)
文大夫
(文屋宮田麿)
火雷神
(以上六柱の荒魂。)
吉備大臣
(吉備真備)



上御霊神社南門
南門
(伏見城の四脚門を移築)

上御霊神社西門
西門
(寛政年間の再建)

上御霊神社絵馬殿
絵馬殿
(宝暦年中寄進の内裏賢所権殿)


 1467年(応仁元年)1月18日、管領を罷免され、家督を畠山義就に奪われた畠山政長は、細川勝元を頼り2千の兵を率いて御霊の森に陣を敷いた。

 翌早朝、義就が3千の兵を率いて攻撃をしかけ激しい戦いとなったが、政長は耐え切れず退去したという。

 この戦いが応仁の乱の発端となった。


上御霊神社





上御霊神社芭蕉句碑
松尾芭蕉句碑

 「半日は神を友にや年忘」

 1690年(元禄3年)、上御霊神社を参詣した芭蕉が奉納した句。


上御霊神社新村出歌碑
新村出歌碑

 「千早振神のみめぐみ深くして八十ぢに満つる幸を得にけり」

 広辞苑編者の新村出(しんむらいずる)が1956年(昭和31年)に上御霊神社を詣でた際に詠んだ歌。


上御霊神社富士谷御杖詩碑
富士谷御杖詩碑

 「底津磐根に宮はしらふと 志り高天原に氷木たかしるは たゞかみつ世の宮づくりに あらず いでかしこきたくみの 神のたまはる斉砥は かしてむ 手斧とくせよ てをのとくせよ」

 江戸時代の国学者・富士谷御杖が文政年間の本殿造営の際に寄せたもの。


上御霊神社清明心の像
清明心の像

 1979年(昭和54年)の国際児童年にあたり、生命の尊重と子供達の健やかな成長を祈り、中国宋代の学者司馬温公の故事から建立されたもの。
 清明心とは、清く明るく直き正しき誠の心。 







上御霊神社花御所八幡宮
花御所八幡宮
上御霊神社厳島神社
厳島神社


上御霊神社神明社
神明神社
上御霊神社稲荷神社
稲荷神社





上御霊神社
御靈神社

京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495

地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」徒歩3分






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり