奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:出雲井於神社
(比良木神社)


編集:yoritomo-japan.com







下鴨神社・出雲井於神社


 出雲井於神社(いずもいのへのじんじゃ)は、山城国愛宕郡出雲郷の総社だった神社で、「井於」(いのへ)とは「鴨川のほとり」のこと。

 つまり、「出雲郷の鴨川のほとりの神社」という意味だという。

 通称は比良木神社(ひらきじんじゃ)。

 本宮の御陰祭(御生(みあれ)神事)が行われていた犬柴社と愛宕郡栗田郷藪里総社柊社が同神で、この社に合祀されたためこの名がある。

 厄年に神社の周りに献木すると、ことごとく「柊」(ひいらぎ)となって願い事が叶うことから「何でも柊」と呼ばれ、「京の七不思議」に数えられている。

 現在の社殿は、1629年(寛永6年)の式年遷宮のときに賀茂御祖神社(下鴨神社)本殿が移築されたもので、下鴨神社の中では最も古い社殿(1561年(天正9年)の造替・重要文化財)。

  末社は岩本社と橋本社(いずれも重要文化財)。


祭神

建速須佐之男命
(たけはやすさのおのみこと)






下鴨神社・出雲井於神社

 祭事に「お茶」を薬草として供えることから「お茶の神様」としても信仰されている。







歴史めぐり源頼朝



下鴨神社
リンクボタン賀茂御祖神社
(下鴨神社)

 賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)とともに賀茂氏の氏神を祀る神社。


京都市左京区下鴨泉川町59

京阪「出町柳駅」下車徒歩10分



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時