奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:相国寺の法堂
〜鳴き龍「蟠龍図」〜


編集:yoritomo-japan.com







相国寺法堂


 相国寺の法堂は、現存する我が国最古の法堂。

 1605年(慶長10年)、豊臣秀頼の寄進によって再建されたもので国の重要文化財。

 「無畏堂」とも呼ばれ仏殿を兼ねている。

 本尊の釈迦如来像と両脇侍像は伝運慶作。

 天井の「蟠龍図」は狩野光信作で、本尊横辺りの特定の場所で手を打つと反響することから「鳴き龍」として知られている。



相国寺蟠龍図
蟠龍図

 狩野光信作。
 光信は狩野永徳の長男。

 1605年(慶長10年)に法堂が再建された際に描かれたものと伝えられている。






相国寺
リンクボタン相国寺

 相国寺は、室町幕府三代将軍足利義満が創建。
 禅文化の中心として栄え、京都五山の第二位の格式を誇った。
 金閣寺銀閣寺は相国寺の塔頭。


京都市上京区今出川通烏丸東入

地下鉄「今出川」下車徒歩5分
市バス「同志社前」



相国寺・金閣寺・銀閣寺
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時