奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



園城寺の教待堂

編集:yoritomo-japan.com







園城寺教待堂


 教待堂には、智証大師(円珍)入山まで三井寺(園城寺)を護持していたという教待和尚の像が安置されている。

 教待和尚は、大師を迎えると石窟に入って姿を隠したのだという。

 のちに大師が石窟の上に建てたのが教待堂。

 像を安置する須弥壇の下には、井戸のような石窟があり、三井寺の僧が出家の際に剃髪した髪を納める伝統があるのだという。


〜三井寺縁起〜

 『古今著聞集』によると・・・

 850年(仁寿元年)、日吉山王権現の託宣を受けて唐国へ渡った智証大師。

 その時、大師の前に現れたのが新羅明神

 帰国後、大師の前に再び現れた新羅明神は、三井寺の地に寺院建立を勧め、大師の仏法を守護することを約束する。

 大師が三井寺を訪れると、そこには教待和尚という162歳になるという老僧が待ってた。

 教待和尚は、天智天皇の子孫・大友都堵牟麿(おおとものつとむまろ)を呼び出して三井寺建立の由来を語らせ、「長年、寺を管理してくれる者を待っていた」と話し、大師に寺を寄進すると姿を消してしまった。

 教待和尚は弥勒菩薩の化身で、琵琶湖で亀や魚をとって食していたが、庵にあった亀の甲羅や魚の骨が蓮華の花に変わっていたのだといいう。

 その頃、三井寺は天智・天武・持統の三天皇が誕生したときに産湯に用いられたという「三井の霊泉」があることから「御井寺」で呼ばれていた。

 大師は、「御井寺」を「三井寺」に改め、唐から請来した経巻法具などを納める唐院を建立し、三井寺を中興したのだと伝えられている。


日吉大社
リンクボタン日吉大社

 山王権現は、比叡山延暦寺の鎮守神。


園城寺新羅善神堂
リンクボタン新羅善神堂

 新羅善神堂は、三井寺北院の鎮守神・新羅明神を祀る。


園城寺唐院
リンクボタン唐院
(智証大師の廟所)


園城寺閼伽井屋
リンクボタン閼伽井屋
(三井の霊水)







園城寺
リンクボタン園城寺

 園城寺(三井寺)は、天台寺門宗の総本山。
 日本三不動の一つ黄不動、三井の晩鐘三井の霊水で知られる。


滋賀県大津市園城寺町246

京阪電鉄石山坂本線三井寺駅より徒歩10分
別所駅より徒歩12分
JR西日本東海道本線(琵琶湖線)大津駅より
京阪バス三井寺バス停下車
JR西日本湖西線大津京駅より京阪バス三井寺バス停下車



大津で頼朝・義経・義仲
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり


鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時