奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:壬生塚
〜新選組隊士の墓所〜

編集:yoritomo-japan.com







壬生塚


 新選組は、幕府に京都守護職を命じられた会津藩主松平容保の配下で活動した組織。

 1863年(文久3年)に結成され壬生の地が屯所とされ、壬生浪士組として発足。

 当時の隊員数は24名だったが、1864年(元治元年)の池田屋騒動以降、隊員数が増加し最盛時には200名を超えていたという。

 1865年(慶応元年)、本願寺(西本願寺)に屯所を移転(最後の屯所は不動堂村)。

 1867年(慶応3年)には幕臣に取り立てられ、戊辰戦争では旧幕府軍に従って戦った。

 壬生寺の放生池の中島は新選組隊士の墓所となっている。


壬生塚に祀られているのは、

近藤勇
(こんどういさみ)

芹沢鴨
(せりざわかも)

平山五郎
(ひらやまごろう)

河合耆三郎
(かわいきさぶろう)

阿比原栄三郎
(あいはらえいさぶろう)

田中伊織
(たなかいおり)

野口健司
(のぐちけんじ)

奥沢栄助
(おくざわえいすけ)

安藤早太郎
(あんどうはやたろう)

新田革左衛門
(にったかくざえもん)

葛山武八郎
(かつらやまたけはちろう)


近藤勇遺髪塚
近藤勇の遺髪塔と
河合三郎の墓
芹沢鴨
芹沢鴨と
平山五郎の墓


金戒光明寺
リンクボタン金戒光明寺

(新選組発祥の地)







新選組屯所跡
新選組屯所跡
(八木邸)
新選組屯所跡
新選組屯所跡
(前川邸)

 壬生寺前の坊城通りには、屯所とされた八木邸と前川邸が残されている。


〜屯所の移転〜

西本願寺太鼓楼
リンクボタン西本願寺

(太鼓楼)
不動堂明王院
リンクボタン不動堂明王院

 隊士の数が増えると、新選組は本願寺(西本願寺)に屯所を移し、その後、不動堂村屯所へ移転している。






京都壬生寺
リンクボタン壬生寺

京都市中京区坊城通仏光寺上ル壬生梛ノ宮町31

阪急電鉄京都本線「大宮駅」
京福電気鉄道嵐山本線「四条大宮駅」
から徒歩で約7分



洛中エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり



2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱