奈良・京都

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時



京都:大徳寺の三門
(山門)

編集:yoritomo-japan.com







大徳寺三門


 現在の三門(山門)は、応仁の乱後の1529年(享禄2年)、連歌師・宗長によって下層が寄進され、1589年(天正17年)、千利休が上層を完成させて「金毛閣」と名づけられた。

 千利休は、三門改修にあたって楼上に自身の木像を安置。

 その下を豊臣秀吉を通らせたことで怒りをかい、1591年(天正19年)2月28日、聚楽屋敷(参考:晴明神社)で自刃させられたという。

 死後、利休の首は一条戻橋で、自身の木像に踏ませる形で梟首されたと伝えられている。

 ※利休切腹の理由は様々な説ある。


〜日本で2番目に古い三門〜

大徳寺三門


 日本に現存する一番古い三門は、東福寺の三門(1425年(応永32年)建立)。

 大徳寺の三門はその次に古い三門。

 三番目は妙心寺の三門


禅寺の三門






大徳寺
リンクボタン大徳寺

 大徳寺は、1315年(正和4年)創建の臨済宗大徳寺派の大本山。
 戦国武将から信仰され、境内には多くの塔頭が建ち並ぶ。


京都市北区紫野大徳寺町53

JR京都駅から市バス「大徳寺」下車。



洛北エリアの寺社・史跡
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。






奈良・京都

葵祭 祇園祭

中世歴史めぐり



2022年の大河ドラマは
「鎌倉殿の13人」

鎌倉殿の13人 後白河法皇
後鳥羽上皇 二代執権北条義時


承久の乱