鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉の桜 鎌倉のアジサイ



とんがり帽子の時計台
〜鎌倉駅〜

編集:yoritomo-japan.com








とんがり帽子の時計台


 鎌倉駅の西口にある時計台は、1916年(大正5年)に建てられた旧駅舎の象徴だったもの。

 長い間、「とんがり帽子の時計台」として市民に親しまれてきた。

 新しい駅舎の建設により、旧駅舎が取り壊されることになるが、「せめて時計台だけでも残して・・・」という市民の願いにより、 時計塔として残されたのだという。

 鎌倉駅の旧駅舎は、1984年(昭和59年)に新しい駅舎に建て替えられた。



とんがり帽子の時計台


とんがり帽子の時計台


 1889年(明治22年)、東海道線の支線として横須賀線が敷かれ、鎌倉・逗子・横須賀の各駅が開業した。

 1916年(大正5年)には、駅舎が改築され「とんがり帽子の時計台」が設置された。









とんがり帽子の時計台
現在の「とんがり帽子の時計台」

 鎌倉駅は、1889年(明治22年)、東海道線の支線として横須賀線が敷かれたことによって設置された駅。
 1949年(昭和24年)には江ノ電も乗り入れている。



鎌倉:寺社・史跡めぐり
鎌倉駅西口周辺・佐助・扇ヶ谷

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。





鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)



60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭
源頼朝も祀る!
日光東照宮


鎌倉の桜 鎌倉のアジサイ


鎌倉殿の13人 二代執権北条義時
特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編 特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


徳川家康 紫式部