鎌倉手帳(寺社散策)

源氏ボタルよりともくん源頼朝の鎌倉入り!  彼岸花ヒガンバナ  三嶋大社のキンモクセイ三嶋大社の金木犀  新幹線お得に国内旅行!GO TO キャンペーン。飛行機

鎌倉権五郎景政の武勇伝と
祟られた奥州からの旅人


編集:yoritomo-japan.com







山車人形:鎌倉権五郎景政
鎌倉権五郎景政
(川名御霊神社の山車人形)


〜鎌倉権五郎景政の武勇伝〜

 『奥州後三年記』によると・・・

 相模国の鎌倉権五郎景政は先祖より聞えた兵(つわもの)。

 わずかか16歳で大軍を前にして命を捨てて戦うが、征矢(せや)で右目を射られてしまう。

 ※征矢:戦闘用の矢。

 その矢は首を貫いて兜の鉢付の板に達していた。

 それでも矢を射て敵を討ち取る奮戦をみせた景政だったが、陣に帰えると仰向けに倒れてしまう。

 三浦為継が景政の顔を踏んで矢を抜こうとすると、景政は倒れ伏したまま刀を抜いて、為継の草摺(くさずり)を掴んで突こうとする。

 為継が驚いて「何をする!」と言うと、

 景政は 「弓箭(きゅうせん)にあたって死ぬことは、武人として望むところであるが、生きながら他人の足でこの面を踏まれることは我慢ならない。 お前を仇として、我もここで死ぬつもりだ」 と答えた。

 言葉を失った為継は、膝をかがめて顔をおさえて矢を抜いたのだという。

 多くの者がこれを見聞きして「景政の功名並ぶものなし」と語り合ったのだとか・・・


八幡太郎義家と鎌倉権五郎景政
八幡太郎義家と景政
(極楽寺山車武者人形)







〜祟られた奥州からの旅人〜

 奥州から鎌倉に来た旅人の伝説。

 雪ノ下の宿をとって鎌倉見物をしていた旅人は、ある日、坂ノ下の御霊神社へ出かけた。

 参拝のため神前に立った時の事。

 右目に針を刺されたような痛みがはしった。

 参拝もそこそこに宿へ帰り、医者に診てもらうのだが・・・

 旅人の右目の視力はどんどんと低下し、とうとう見えなくなってしまった。

 嘆き悲しむ旅人が宿の主から聞いたのは、御霊神社鎌倉権五郎景政を祀る社だということ。

 実は、旅人の先祖は後三年の役で景政の左目を射た鳥海弥三郎保則。

 景政の祟りに違いないと確信した旅人は、もう一時も鎌倉にいることができず、奥州へ帰って行ったのだとか・・・


九代目市川團十郎『暫』像

 浅草寺境内にある九代目團十郎の暫像は、団十郎が演じたの鎌倉権五郎景政の銅像。
 『暫』(しばらく)は、歌舞伎の演目で歌舞伎十八番の一つ。







御霊神社
リンクボタン御霊神社

 坂ノ下の御霊神社は、鎌倉権五郎景政を祀る。
 景政の命日(9月18日)に行われる例祭では、神奈川県の民俗文化財に指定されている「面掛行列」が行われる。


鎌倉市坂ノ下4−9
0467(22)3251

江ノ電「長谷駅」から徒歩5分


江ノ電で鎌倉巡り



鎌倉:寺社・史跡巡り
稲村ヶ崎・極楽寺・坂ノ下
大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時