中世歴史めぐり

徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮

徳川家康



弁慶硯の井戸
〜府中:高安寺〜


編集:yoritomo-japan.com








高安寺弁慶硯の井戸


 1185年(元暦2年)、平家を壇ノ浦に滅ぼし、平宗盛を護送して鎌倉に凱旋しようとした源義経は、兄頼朝の怒りを買い鎌倉に入ることはできなかった。

 許しを得られないまま京都へ帰る途中で立ち寄ったのが見性寺(高安寺の前身)。

 義経は、弁慶らと赦免祈願のため大般若経を書写したとのだという。

 その折に弁慶が清水を汲み取ったのが境内に残されている古井戸だと伝えられている。



源義経伝説

源義経に臣従した武蔵坊弁慶








歴史めぐり源頼朝




府中:高安寺
リンクボタン高安寺

 高安寺は、足利尊氏が全国に置いた安国寺の一つとして建立された古刹。
 当初は建長寺の末寺(臨済宗)だったが、現在は曹洞宗に改宗されている。


東京都府中市片町2−4−1

京王線・JR南武線「分倍河原駅」より徒歩7分





中世歴史めぐり


徳川家康


徳川氏発祥の地 松平氏発祥の地
家康生誕地 東照宮