鎌倉手帳(寺社散策)

ヒガンバナヒガンバナ   紅葉鎌倉の紅葉
渋沢栄一2021年大河「晴天を衝け」
北条義時2022年大河「鎌倉殿の13人」



江の島
サムエル・コッキング苑


編集:yoritomo-japan.com







サムエルコッキング苑


 江の島のサムエル・コッキング苑は、横浜の住んでいたアイルランドの貿易商サムエル・コッキングが、1882年(明治15年)に造った日本で3番目に古い植物園があった場所。

 1923年(大正12年)の関東大震災によって温室などが倒壊した。

 その後、藤沢市が跡地を買収し、1949年(昭和24年)に熱帯植物園として開園、翌年、「江の島植物園」と改名され運営されてきた。

 園内には読売平和塔と呼ばれた民間灯台も建設(移築)され、長く「江の島の灯台」として親しまれてきた。
 
 2002年(平成14年)に江の島植物園が園内改修工事のため閉園し、新しい江の島展望灯台が建設され、翌年、サムエル・コッキング苑として開園されている。


入場券
昭和55年当時の植物園入場券


シーキャンドル
リンクボタン江の島展望灯台
(シーキャンドル)

 2003年(平成15年)4月29日に開業した江ノ島電鉄の灯台(サムエル・コッキング苑内)。






温室遺構
温室遺構

 2002年(平成14年)、工事現場から、サムエル・コッキングが造った温室設備の遺構が発見された。

 煉瓦造の遺構では唯一の現存するもの。


マイアミビーチ広場
マイアミビーチ広場
ロン・カフェ
ロンカフェ

 1959年(昭和34年)、藤沢市は、アメリカ合衆国のマイアミ・ビーチ市と姉妹都市提携をしている。

 そのため、藤沢の海岸は、東洋のマイアミビーチと呼ばれている。

 広場にある「ロンカフェ」は、フレンチトーストで知られる店。


マイアミビーチ広場



〜友好都市・姉妹都市〜

騁碧亭
昆明広場

 中国の伝統的な建築物「騁碧亭」(ていへきてい)。

 藤沢市と中国の昆明市は、1981年(昭和56年)に友好都市提携を行っている。 


保寧広場
保寧広場

 大韓民国の保寧市から送られた姉妹都市提携の記念として贈られた石塔(2003年(平成15年))。

 藤沢市と保寧市とは、2002年(平成14年)に姉妹都市提携されている。







ヤシの木の道
ヤシの木の道


ウインターチューリップ
リンクボタンウインターチューリップ
アオノリュウゼツラン
リンクボタンアオノリュウゼツラン

正月から楽しめるチューリップと、世紀の花と呼ばれるアオノリュウゼツラン。



江の島灯籠
リンクボタン江の島灯籠
(8月)
江ノフェス
リンクボタン江no・Fes
(9月から11月)


湘南キャンドル
リンクボタン湘南キャンドル
〜江no・Fes〜
(11月)


シーキャンドルライトアップ
リンクボタンシーキャンドル
ライトアップ

〜湘南の宝石〜
(11月〜2月)
バレンタインアイランド
リンクボタンバレンタイン
アイランド

〜湘南の宝石〜
(2月)



海と山の絆
海と山の絆

 藤沢市と姉妹都市提携をしている松本市から贈られた記念碑。
 松本市の特産山辺石(安山岩)で造られた造られたもので、海の民(藤沢市)と山の民(松本市)の末永い友好への願いが込められている。

松本館
リンクボタンそば道場松本館



okadoのブログ

その1:江の島弁天橋〜青銅鳥居〜辺津宮

その2:中津宮〜御岩屋道通り

その3:奥津宮〜稚児ヶ淵〜岩屋






歴史めぐり源頼朝



江の島サムエルコッキング苑


江の島
リンクボタン江の島

 江の島は、砂が堆積して湘南海岸と島とが陸続きとなった陸繋島
 鎌倉時代には源頼朝が弁財天を勧請。
 江戸時代には、大山江の島の二所詣が流行し賑わった島。


江ノ電「江ノ島駅」から徒歩25分
小田急「片瀬江ノ島駅」から徒歩20分
湘南モノレール「湘南江ノ島駅」から徒歩27分







鎌倉:寺社・史跡巡り


鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人 北条義時