中世歴史めぐり

源氏ボタルよりともくん『鎌倉殿の13人』2022年大河ドラマ  戌神将二代執権 北条義時

耳なし芳一
〜赤間神宮の芳一堂〜


編集:yoritomo-japan.com







赤間神宮の芳一像


 『耳なし芳一』(みみなしほういち)は、安徳帝や平家一門を祀った阿弥陀寺に伝えられた怪談。


 昔、阿弥陀寺に『平家物語』の弾き語りが得意な芳一という琵琶法師が住んでいた。

 ある夜、武士が現われ、芳一の演奏を聞きたいという。

 武士は、ある屋敷に芳一を連れていく。

 そこには多くの武士たちが集っていた。

 武士たちは「壇ノ浦の戦いのくだり」を所望。

 芳一が弾き語りを始めると、武士たちは皆声を上げてすすり泣いていた。

 それから七日七晩の演奏を頼まれた芳一。

 夜ごと出かけるようになった芳一を不審に思った和尚は、寺男に後を着けさせた。

 すると・・・

 芳一は、平家一門の墓地の中で、無数の鬼火に囲まれてながら琵琶を弾き語っていたのだという。

 芳一の演奏を聞いていた武士たちは、平家一門の怨霊だったのである。

 驚いた寺男が、芳一を連れ帰り、その事を和尚に伝えた。

 芳一が平家の怨霊に殺されてしまうのではないかと案じる和尚。

 しかし、この日は法事があって芳一のそばにいてやることができない。

 寺男や小僧では怨霊に太刀打ちできるはずがない。

 芳一を法事に連れいてけば、怨霊もついてきてしまうかもしれない。

 そこで、身体中に般若心経を書きつづった。

 怨霊は、経が書かれている身体は見ることができないのだとか・・・

 和尚は芳一に「今宵は声を出すな!動くな!」と命じて法事に出かけていったが・・・

 耳に写経するのを忘れていた。

 その夜、平家の怨霊が芳一を迎えにきたが、怨霊には芳一の身体が見えない。

 呼んでも返事がない。

 芳一を探しまわった怨霊は、ついに芳一の耳を発見。

 そして、芳一の身体から両耳をもぎとった。

 それでも芳一は、声を出さず、動かなかったのだとか・・・

 明け方になって帰って来た和尚が見たのは、両耳をもぎとられて血だらけの芳一。

 耳に写経しなかった事を芳一に詫びたのだという。

 その後、平家の怨霊は現れなかった。

 この不思議な出来事から、芳一は「耳なし芳一」と呼ばれるようになり、琵琶の評判も上がり、何不自由なく暮らしたという。


赤間神宮の芳一堂
芳一堂







源義経伝説をめぐる

歴史めぐり源頼朝



赤間神宮
リンクボタン赤間神宮

山口県下関市阿弥陀寺町4-1

JR山陽本線「下関駅」からバス
「赤間神宮前」下車


壇ノ浦古戦場
リンクボタン壇ノ浦古戦場



壇ノ浦古戦場MAP
大きい地図を見るには・・・右上のフルスクリーンをクリック。



源平合戦

中世歴史めぐり