鎌倉手帳(寺社散策)

緊急事態!外出自粛!我慢!

安国論寺の妙法桜

編集:yoritomo-japan.com







安国論寺の妙法桜


 安国論寺の御小庵の横に植えられている山桜は「妙法桜」と呼ばれている。

 日蓮が持っていた杖を突き刺すとそれが根付いたとされる桜。
 正式の名称は「市原虎の尾」。

 さかさ木で直立には育たず横に広がるという性質を持ち、八重でめしべ一本が杖の形をして外へ飛び出している。

 市の天然記念物に指定されている古木。

 見頃は4月上旬から中旬。


リンクボタン鎌倉:伝説の桜 リンクボタン鎌倉:桜の名所





安国論寺の妙法桜


 妙法桜は、樹齢760年ともいわれる古木のため、枯死が心配されている。

 住友林業の研究所によって後継樹の育成が行われていたが、平成23年、その苗木が公開され境内に植えられた。

 根付けば3年ほどで花を咲かせるという。



鎌倉:桜の名所


okadoのブログ
2018鎌倉の桜情報






安国論寺の妙法桜
リンクボタン安国論寺

 安国論寺は、鎌倉に入った日蓮が小庵を結んだ場所といわれ、北条時頼に建白した『立正安国論』を著した寺として知られている。


鎌倉市大町4−4−18
0467(22)4825

鎌倉駅東口より徒歩15分



鎌倉:寺社・史跡めぐり
大町・名越

大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時