鎌倉手帳(寺社散策)

鎌倉:新型コロナウィルスの影響によるイベント等の開催の有無

吉屋信子記念館

編集:yoritomo-japan.com







吉屋信子記念館


 作家吉屋信子の「自分の得たものは社会に還元し、住居は記念館のような形で残してほしい」という遺志によって、土地・建物が鎌倉市に寄贈されました。

 2017年(平成29年)、主屋と門及び塀が国の登録有形文化財となっています。

 吉屋信子は、少女小説『花物語』で一世を風靡。

 「少女小説」という新しいジャンルを確立し、その後、「大阪朝日新聞」に連載された『地の果まで』で小説家としての本格的活動がはじまります。

 家庭小説『良人の貞操』では、男の貞操が話題となります。


吉屋信子記念館




吉屋信子記念館

吉屋信子記念館


 昭和27年、『鬼火』で日本女流文学者賞を受賞。

 昭和37年に鎌倉に移住(66歳)。

 70歳を超えて書かれた『徳川の夫人たち』『女人平家』などの歴史小説は、それまで取り上げられることのなかった女性を主人公とした作品です。

 昭和48年、77歳で死去。


一般公開

4月,5月,6月,10月,11月の毎週土曜日
5月、6月の毎週日曜日
5月、6月、10月、11月の1日〜3日
ゴールデンウィーク期間 毎日

ニュース

 新型コロナウイルス流行の影響で、吉屋信子記念館の4月から5月の一般公開は中止となっています。


春・秋の施設公開







吉屋信子記念館
吉屋信子記念館

鎌倉市長谷1−3−6

江ノ電「由比ヶ浜駅」より徒歩7分
鎌倉駅より藤沢・大仏方面行バス
「長谷東町」より徒歩3分


公開期間・時間は鎌倉市にご確認下さい。


観音大通り会の幟
リンクボタン長谷小路


江ノ電で鎌倉巡り



大きい地図を見るには・・・
右上のフルスクリーンをクリック。






鎌倉手帳
(鎌倉情報トップ)


鎌倉ニュース 60年に一度の祭礼
円覚寺洪鐘祭

2022年の大河は北条義時
鎌倉殿の13人〜宿老13人の合議制〜 北条義時